コラム

2016年02月19日
 

野党5党で戦争法廃止法案を共同提出、党首会談で、国政での選挙協力で合意!

 今日、共産、民主、維新、社民、生活の野党5党で党首会談がおこなわれ、戦争法廃止と閣議決定の撤回を政治的な目標とした画期的な合意が交わされました。

 戦争法廃止法案の共同提出とともに、国政選挙での協力について合意。

 「野党は共闘」との国民の声にこたえたものです。

 戦争法廃止の国民連合政府提案から5か月。国民的なたたかいが道を切りひらきました。

 参院1人区で、この大義の実現に向けた思い切った対応を行うことも、志位委員長が表明。

 また、安倍政権の打倒も合意に含まれていますが、それに代わる政府の問題についてはまだ合意はありません。わが党としては、国民連合政府を提唱してきましたが、現時点での違いは、横に置き、選挙協力の協議に入ることになります。そのなかで、わが党としての主張をおこない、合意形成への努力を図ることになるでしょう。その旨も党首会談で志位委員長が表明し、他党から異論は出されなかったとのこと。

 参院選で、共同の力で、自公とその補完勢力を少数に追い込み、わが党の躍進へ!歴史的なたたかいに全力を尽くしたいと思います。