コラム

2015年11月24日
 

大阪W選挙の結果を受けて

 大阪府知事選・市長選挙が終わり、両選挙とも「おおさか維新の会」候補が勝利する結果となりました。

 「さよなら維新」と私も何度か大阪入りしてきたので残念でなりません。

 橋下氏をはじめ、維新政治の手法の危険性や暮らしと大阪経済を壊してきた実際を訴え、「オール大阪」の力で新しい大阪をと訴えましたが、及びませんでした。維新や「都構想」への期待は、現状の閉塞感を何とか変えてほしいという市民の期待の一側面であることは間違いありません。

 問題は、その期待に、維新政治がこたえることができるのかということです。それはこれから鋭く問われることになるでしょう。

 その際、この選挙戦で培われた「オール大阪」の力が必ず前向きの力になる、それがこの選挙戦の貴重な財産であったといえるように、これからもがんばりたいと思います。