コラム

2018年03月25日
 

兵庫民報連載 真の働き方改革のために〈4〉

   厚生労働省のデータ改竄に続いて、明るみになって安倍政権を揺るがしているのが、森友学園問題についての財務省の文書改竄です。     佐川宣寿前理財局長の国税庁長官辞任にまで発展しました。当初麻生…

2018年03月25日
 

「政治の春を呼び込むために」

    卒業と入学のシーズンです。     我が家の長男もこの四月から中学生になります。二〇〇七年参院選兵庫選挙区から立候補した際、公営掲示板用のポスターに写ったときの写真は二歳前のものでした。   …

2018年03月18日
 

兵庫民報連載 真の働き方改革のために〈3〉

   今度の「働き方改革」関連法には、いま一つ、労働法制の原則を根底から覆す重大な改悪が盛り込まれています。それが、雇用対策法の改悪です。法の目的に「労働生産性の向上」が、国が講ずべき施策のなかに「多…

2018年03月11日
 

兵庫民報連載 真の働き方改革のために〈2〉

 データの“ねつ造”ともいうべき調査結果をもとにした答弁を撤回せざるを得なかった安倍総理は、国民と野党6党の結束したたたかいを前に、「働き方改革」関連法案から、裁量労働制を削除するところまで追い詰めら…

2018年03月04日
 

兵庫民報連載 真の働き方改革のために〈1〉

 安倍総理は、今おこなわれている通常国会を「働き方改革」国会だと位置づけ、予算審議の段階から熱い焦点となっています。

 とりわけ裁量労働制の拡大をめぐって、「厚労省の調査によれば、裁量労働制で働く方の労…

2018年02月25日
 

勝つ方法はあきらめないこと

 名護市長選挙は、自公維推薦の渡具知氏が当選し稲嶺進市長は敗れました。自民党は「辺野古の『へ』の字も言わない」ことを徹底し、国会議員などを動員して「ステルス作戦」と称して地下に潜り、暮らしの充実を訴え…

2018年01月28日
 

名護での勝利を!

    阪神・淡路大震災から二十三年がたちました。戦後五十年でもあり一つの転機となった年でした。    この一九九五年のもう一つの重大な出来事が沖縄少女暴行事件です。沖縄県民の怒りが沸騰し、八万五千人…

2017年12月24日
 

「前議員バッジ」も活用し地域要求を国会へ

   急な解散・総選挙で中断していたこのエッセイを再開します。    選挙にあたっては読者の皆さんからも大きなご支援を賜りありがとうございました。いま各地で集いに呼ばれ、みなさんと膝詰めでお話しさせて…

2017年09月15日
 

臨時国会に向けて

 臨時国会が9月末から召集される方向です。安倍総理が異常な執念を燃やす改憲へ向け、いよいよ自民党案を提案するといいます。また、すでに過労死促進だと批判がおこる「働き方改革」も大きな焦点となりそうです。…

1 / 512345