活動記録

2016年04月20日

九州地方地震、人命救助と被災者支援を急いで!

kumamoto2 この間、九州地方地震被災者支援の取り組みを強めています。

 党の対策本部でも現地の状況報告や、急がれる課題、各委員会での質疑でも対策を求めていくことなど確認。(写真は、21日付けのしんぶん赤旗)

 衆議院災害対策委員会でも、月曜と今日と理事懇談会を開き、政府から報告を受け、質疑もおこなっています。

 今日の厚生労働委員会では、私から、指定避難所以外の被災者を把握して支援を、高齢者や障害者などの要配慮者についても、把握と支援が届くよう、旅館やホテルなどを借り上げて避難先を確保する、人的配置も強めることなど、財政支援も含めて求めました。

 医療については、保険証がなくても受診できるようにはなっていますが、窓口負担がかかります。医療費負担の減免、猶予をただちにと求めましたが、塩崎大臣の答弁は、従来の枠内で通知を出しただけで、軽減策をとるかとらないかは、保険者の判断にとどまっています。その際、10分の8は国から財政支援があるといいますが、自治体も被災しています。阪神・淡路大震災や東日本大震災のときには、全額国の負担で免除、猶予がおこなわれました。ただちにふみきるべきです。