活動記録

2016年04月16日

尼崎・立花地域での演説会~党地震対策本部、政府へ申し入れ

 尼崎・立花地域での演説会でした。

 熊本、大分での震災犠牲者に哀悼の意を表するとともに、被災者にお見舞い申し上げ、党の地震対策本部のとりくみも報告。

 救命、救助へ全力を挙げること、党としても情報提供など、政府への協力をおこなうことを表明。

 さらに、川内原発について、今後の地震の動向が予測できないこと、避難経路である新幹線や高速道路が寸断されていること、電力がひっ迫した状況でないことなどから、一度停止をすべきであること、少なくとも、こうした点を真剣に検討して、住民の不安にこたえるべきだというのが申し入れの主な点。

 活断層による直下型地震であり、阪神・淡路大震災と被害の様相がよく似ています。人命の救助第一で、被災者支援へ力を尽くしたいです。