活動記録

2015年12月27日

性暴力救援センター・大阪SACHICOなどを視察

image  年の瀬が押し迫ってまいりましたが、阪南中央病院内にある、性暴力被害救援センター・SACHICOなどの視察のため大阪へ。

  高橋千鶴子衆議院議員を先頭に、畑野君枝、梅村さえ子、もとむら伸子、斉藤和子、池内さおりのわが党の全女性衆議院議員と私、仁比聡平、辰巳孝太郎両参議院議員が参加。

  身体の統合性と性的自己決定を侵害するもの、つまり、同意のない、対等でない、強要された性的行為はすべて性暴力である――この捉え方が大事だということ、被害者の保護と本人の自己決定権を尊重し、ときにはその成長への支援が求められていること、それだけに365日、24時間体制での相談受付と、相談と同時に医療的ケア、さらには社会的ケアをワンストップで受けられることが重要であることなど、学ぶところ大でした。

  特に、性暴力被害は国際的には疾患と位置づけられケアの体制が進んでいます。厚生行政が果たすべき役割は大きいものがあるはずです。

 

  被害者の多くが中学生などの未成年であること、近年学校内での被害も多いとのことで課題も多岐にわたると感じました。

  しっかりと取り組みたいと思います。