活動記録

2015年11月13日

府知事・市長選挙真っ只中の大阪へ

 府知事・市長のいわゆるW選挙真っ最中の大阪に行きました。

 いくつかの団体を訪問して懇談やらご挨拶やら。

 

 この8年の維新政治では、市職員への思想調査や教員の口元チェックなどおぞましいほどの人権侵害が行政によって行われました。

 5月の住民投票で否決された都構想は、政令市としての大阪市の権限も財源も奪い、カジノや大型開発へ傾斜、住民サービスが守られない危険をはらんだもので否決されました。

 

 ラストチャンスだと言っていたにもかかわらずまた持ち出し異常な維新政治を続けようということは許せません。

 

 実際の維新府政のもとでは計1551億円もの暮らしに関わる予算が削られ、雇用者報酬も家計消費支出も府内総生産も軒並み全国平均以下の落ち込みです。

 

 特養ホーム建設補助金や千里救急救命センターへの補助金などや各種団体の運営に関わる補助金も削られ、教育予算も削られ、一人当たり教育費はワースト45位までに。

 

 一方、身を削ると言いながら政党助成金をめぐる醜い内輪もめ、政務活動費で架空ビラや高級車のローン支払いなども。

 

 異論を排除するのではなく、議論して大阪のあり方を決めるまっとうな政治をとどこでも意気投合しました。

 この問題も日本の民主主義がかかった大事な問題。がんばります!