活動記録

2015年10月29日

借上住宅の希望者全員の継続入居を求めるシンポジウムに参加

image  阪神・淡路大震災の借上住宅地の希望者全員の継続入居を求めるシンポジウムに参加しました。

 

  今年2月の初質問で取り上げた借上住宅問題。いよいよ、西宮市で期限が来るなど重大な局面を迎えています。

 

  西宮市や神戸市などはなお、被災者追い出しに強硬な姿勢を示していますが、道理はありません。

  復興の過程で、支援の不十分さ、行政のまずさから、多くの孤独死などをうんだ震災復興の一番の教訓は、コミュニティの形成であったはずです。

  今になって被災者を終の住処から追い出し、コミュニティを破壊することが許されていいはずはありません。

   写真はともに参加されていた、金田峰生さんのFBから拝借しましたm(_ _)m