活動記録

2018年03月10日

東北支援バサー&緊急街頭宣伝&保険医協会政策研究会

EAA97303-4535-4DCB-8D6C-32D952A59A35  明日の3・11を前に、共産党兵庫県委員会事務所で東北支援のバザーが女性後援会主催で行われました。

  毎年恒例で、ご近所さんからも多数お見えになります。収益は被災地へ送られます。

  午後には、この間、佐川国税庁長官の辞任など、政権を揺るがす大激動の情勢を受け、山下よしき副委員長を招いての緊急街頭演説に。

1ACE06D5-FF97-40AA-B900-D9D2A5DE27C3  街の反応はガラリと変わっています。政府による文書改ざんなどは、国政調査権の侵害であり、国会、国民への冒涜です。内閣が吹き飛ぶ大問題。しかも、佐川氏自身は、国会での答弁や、改ざんとされる時期の理財局長であったことを理由に辞意表明しているのに、麻生大臣は適材だったとなお言い募り、その一方で、懲戒処分だと言うのですから、支離滅裂です。足が止まるなど、相当な国民の皆さんの怒りを感じる宣伝となりました。

    その後は、兵庫県保険医協会での政策研究会へ。小池晃書記局長が講演。小池書記局長は、大波乱の情勢から、市民と野党の共闘、憲法、暮らしの問題、党名、未来社会の展望など、縦横に語りました。