活動記録

2018年02月23日

無期転換逃れを許すなと兵庫労働局へ申し入れ、夜は京都・宇治市でワカモノ企画

EED065F8-1D56-4612-940C-6EF5B424CE7F   今朝はJR塚口駅前で朝の宣伝。

  その後、清水ただし前衆議院議員らとともに、兵庫労働局へ。この間、大阪でも行った、有期契約の労働者の無期雇用への転換の権利を奪う、雇い止めなどを防ぐ対策強化の申し入れです。

  この4月以降、有期雇用で働く方で5年以上になる方は、次期契約更新の際に、無期雇用への転換を申し出る権利が生まれます。それを回避するために雇い止めにするなどがないように、対策の強化を求めました。

  そもそも従来からも、いくら有期雇用であっても、繰り返しの契約を繰り返し、また、その後も当該業務が継続するため、別の新規採用の募集をかけるなどの場合は、簡単に雇い止めなどできません。その上に、無期転換のルールができたのですから、法の趣旨を守っていただきたいと、企業に対する説明会などでも強調しているとのことでした。また、4月1日を前に来週あたりが、大きな山場になるかもしれないと、集中期間を設けて取り組むとのことです。

   私が相談を受けたケースも、直接当事者から申告があれば、労働局による助言、あっせんに乗り出すことは可能との回答を得ました。

   思い当たる方、お近くにそういう方がいるなど、ぜひお気軽にご相談ください。またこちらもご参考に。

  夜は宇治市でワカモノ企画。クイズも織り交ぜて、「他の野党も頑張っている中で、共産党ならではのウリは?」「名護の結果も含めて政治を変える展望は?」「署名は力になる?」など、さまざまな質問を受けてお答えしました。