活動記録

2018年02月02日

奈良県老人福祉施設協議会と懇談

4F9C45BD-1FE9-4933-8A78-254A1476142B  今日は、日本共産党の奈良県議団のみなさんとともに、奈良県老人福祉施設協議会と懇談しました。

   深刻なのは人材の確保。

   この間の処遇改善も加算対応。そのうえ、今回は少しの引き上げとは言え、前回の報酬改定では大きく引き下げられたので、経営の面では本当に厳しくなっています。

   私からは、この間の報酬改定の問題点、とりわけ今回の改定で予定される生活援助に関する人員基準の緩和が、さらに処遇の悪化につながりかねない点など指摘し、深刻な矛盾を解決するには国費を増やすしかないこと、与党からもその声が思わず出た国会の様子など話しました。

  現場では、より深刻になる人手不足から、資格者云々とは言っていられない実態も語られました。

   他にも、より経費のかかる山間地ほど低くなる報酬のあり方、軽費老人ホームの位置づけや助成を求める意見などお聞かせいただきました。

   共産党とははじめての懇談とのこと。これからも意見交換を重ね、要望の実現へ力を尽くしたいと思います。