活動記録

2018年01月17日

阪神・淡路大震災から23年

IMG_5799 阪神・淡路大震災から23年目のメモリアルデーとなりました。

 発災時刻の午前5時46分。神戸市中央区の諏訪山ビーナスブリッジでの追悼集会から関連行事に参加しました。

 改めて亡くなられた6434人の方々へ哀悼の意を表するとともに、ご遺族、被災者へのお見舞いを申し上げます。

 被災者への個人補償制度がないなか、被災者の生活再建は困難を極めました。災害援護資金や民間のローンも含め、今なお返済を迫られている方も少なくありません。中小事業者向けの復旧融資を巡っては、代位弁済もこの間増えています。

 また、借り上げ住宅からの追い出しといった被災自治体が被災者を提訴するという信じられない事態も生まれています。

 被災者の血のにじむような運動で、被災者生活再建支援法ができ、現在は住宅再建へ最高300万円の支援ができるようになりました。2014年末の総選挙で国会へ送っていただいた私は、震災から20年の2015年の国会での初質問で、この阪神・淡路での課題をとりあげ、政府に対応を迫りました。災害援護資金の返済免除については、その後免除へ道が開かれました。たたかってこそ道は開けるということを教えている23年でもあります。

 戦後初めての大規模な都市災害。阪神・淡路の経験が良くも悪くも、東日本をはじめ、全国の被災地の今後につながります。すべての被災者の生活再建へ、改めて力を尽くす決意です。

IMG_5798 今日は、国会から穀田恵二国対委員長・衆議院議員、田村貴昭衆議院議員・党災害対策部会長、武田良介参議院議員・災害対策特別委員が参加しました。

 

 

 

 

 

 「しんぶん赤旗」の特集記事です。

IMG_5805

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5801