活動記録

2017年11月28日

モノづくりの誇りと力を取り戻そう~データ改ざんを受け、神戸製鋼本社前で宣伝

IMG_5551 この間、データ改ざん問題が大きな問題となっている神戸製鋼本社前で宣伝行動をおこないました。神戸製鋼で働く労働者でつくる共産党支部が出したビラの配布をおこないました。

 モノづくりの根幹が問われる事態となっています。ビラでは、①従業員への説明責任を果たし、現場の声を聞くこと、②不祥事による損失を従業員、協力会社に転嫁するな、③外部調査報告書の全面開示を求め、労組に対しては今こそ会社から自立して役割を果たすことを求めています。

 この間、電機産業は大リストラを強行し、嫌気をさした優秀な技術者が海外へ流出するなど、モノづくりの力が失われていきました。目先の利益だけを追及していては、結局、力を失ってしまいます。神戸製鋼でも、この間、かつての合理化で中堅層の技術者がいないこと、大量受注、大量生産で現場にしわ寄せがあったことなどが報告されています。

 政治の責任も重大です。この間、安倍政権は「生産性革命」などと標榜していますが、効率最優先を助長するだけのような経済政策でいいのか、厳しく問われます。