活動記録

2017年10月13日

マスコミからの質問

  今日、とある全国紙からの取材の中で、兵庫8区の有権者から、「堀内は比例で通るのでしょう」という声があったと聞きました。

  私は前回は比例で当選することができましたが、だからといって今回もそれが保証されているわけではありません。実際に今のマスコミ予想のままでは当選できません。もちろん、党としてはこの比例代表で大いに伸ばすため、選挙戦の最後まで力を尽くすのは当然です。しかし、私の議席がそれで直ちに保証されるものではありません。

  これほどまでに安倍政権への批判が強い選挙で、これまで安倍政権と対決して来た議席を失うわけにはいきません。そのためには小選挙区だろうが比例だろうがとにかく議席を獲得するために頑張り抜くしかありません。

  同時に、小選挙区で私が勝ち抜く意義、政治的インパクトは計り知れなく大きいものがあるのではないでしょうか。

  私の小選挙区での勝利は、安倍政権を支える議席を確実に減らすことに貢献します。公明党のとりわけ強いこの地域で勝利すれば、大きな衝撃が広がることは間違いありません。

  それは、市民と野党の共闘にこそ、安倍政権の政治を終わらせる確かな道であり、力もあることを示すことにもなります。だからこそ、この兵庫8区で市民と野党の共同で何としても勝ち抜かなければなりません。

  だから、比例でも、兵庫8区でも、何としても頑張る決意です。