活動記録

2017年10月09日

明日からはじまる

IMG_5271  いよいよ明日から総選挙です。

  どこで訴えていても、「ええ加減、安倍さん何とかならんのか」などの声をかけていただきます。

  これほどまでに憲法をないがしろにし、国民の声を踏みつけにした総理がいたでしょうか。

  2年前の安保法制=戦争法の強行は言うに及ばず、共謀罪や沖縄県・辺野古への新基地建設工事の強行など、枚挙にいとまがありません。

  権力を我が物のように扱う政治が行き着いた先が、あの森友・加計疑惑に他なりません。

  私たちは、とりわけこの2年余、市民と野党の共闘で、この安倍政権と正面から対決してきました。それは安保法制のみならず、「保育園落ちたの私だ」とお母さん、お父さんたちが国会に駆けつけたように、暮らしに関わる問題も含め、まさに国民一人ひとりによる、主権者としての力強い意思と行動の表明とともに大きくなり、国会の中でも、私自身、厚生労働委員会等で65回に渡る発言とともに、介護や障害者施設、保育で働く皆さんの処遇改善の法案、長時間労働是正法案などの野党共同提案が実り、それが安倍政権に対抗する共通政策の土台にもなっていきました。

  政治は安倍総理のものでも、安倍総理のお友達のものでもありません。今度の選挙は、この安倍政権から政治を国民の手に取り戻す選挙です。

  その確かな力になるのが、市民と野党の共闘です。私がお世話になる尼崎でも、多くの市民、他党派からは社民党、新社会党の両県本部からの推薦と緑の党の議員さんからの力強いご支援をいただいてたたかうことになります。文字通りの市民共同の代表として、何としても国会へ!この決意で臨んで参ります。

  市民と野党の共闘の前進へ、日本共産党を大きく伸ばしてください。そのためにも比例代表は日本共産党と広げてください。前回総選挙で8議席から21議席へ前進したからこそ、この市民と野党の共闘の流れもうまれました。何としてもさらに大きくして下さい。

   そして、「安倍さん何とかして」「憲法9条守れ」との願いを集めて、この尼崎から安倍政権退場の審判を!

  下の写真は玄関のボードに次男が走り書いたメッセージ。選挙本番中は翌朝の宣伝場所近くに泊まるので、家を留守にする私宛てもの。2週間が必ず万歳をして戻れるよう頑張ります。

IMG_5413