活動記録

2017年09月05日

災害対策特別委員会の閉会中審査

 本日、九州北部豪雨や秋田などでの豪雨被害を受けて、衆議院の災害対策特別委員会が開かれました。

 わが党からは、田村貴昭議員が、全壊には至らないものの、土砂が入り込んで解体するしかない家屋について、被災者生活再建支援法は適用されるのに、がれき撤去の公費負担は適用されない問題をとりあげ、真島省三議員が被災中小業者に対するグループ補助金の適用を求めました。