活動記録

2017年08月10日

兵庫県下の労働災害について、兵庫労働局から聞き取り

  今日は、朝、近畿いっせい宣伝の一環として、尼崎の阪急武庫之荘駅の南側で、川崎敏美市議らとともに訴え。北側では真崎一子市議が宣伝していました。

  その後、兵庫労働局へ。金田峰生衆院小選挙区兵庫10区予定候補らとともに、この間兵庫県下の製造、建設現場で労災による死亡事故が相次いでいることから、兵庫労働局から聞き取り。

  意外だったのが死傷事故件数は第三次産業で増えており、原因は転倒。高齢化が一因ではとのこと。

  死亡案件をめぐっては労働安全衛生行政をめぐってこの間、規制緩和が進められていること、そもそも工法などをどう規制するか、監督する人員・体制の問題など、課題も見えてきました。

  しっかりと生かしていきたいと思います。