活動記録

2017年08月09日

国民健康保険の問題での大阪府要請行動に同席

IMG_4734  大阪で、わが党の大阪の各議員団の皆さんによる、国民健康保険問題の対大阪府要請行動に同席しました。

  2年前の法改正で、市町村国保の財政運営が都道府県に移ります。

  それに伴い、大阪府では保険料や減免制度も災害時等に限るとの内容で統一しようとしています。各自治体で行われている、一般会計からの繰り入れをして保険料を引き下げることや、低所得者への減免制度が、災害時や一時的に3割以上所得が下がる場合以外にはなくそうとしているのです。

  国会の審議では、国も保険料の統一や繰り入れをやめさせたいとの思いはあるものの、低所得者の多い国保は、市町村ごとに医療費や所得に違いがあり、それぞれの実情もあることから、市町村が保険料決めることができることや、一般会計からの繰り入れもできると答弁してきました。その中で大臣は「負担軽減」「保険料を納めやすい環境を整える」と法改正の趣旨を語っていました。それとはまるで真逆の方向と言わなければなりません。説明の中で、府の部長が「我々は先進を走ってる」と述べたのにはさすがに唖然としました。

  それでもやはり保険料決定や繰り入れは市町村判断で可能なことも否定できず、また市町村ごとに違う生活保護基準など、統一保険料にするうえでの矛盾も明らかになりました。みなさんの運動とともに、安心の国保へ、頑張りたいと思います。