活動記録

2017年07月06日

水道民営化反対“頑張れ”の声〜奈良市長選・市議選応援

IMG_4541 
奈良市長選・市議選の争点の一つとなっている東部山間地域の水道民営化問題で6日、日本共産党の堀内照文衆議院議員は、小川正一市議候補と、月ヶ瀬、都祁(つげ)地域で街頭宣伝し、都祁地域で住民のつどいに参加しました。

  つどいで、小川候補は、「民営化すれば、水道料金が高くなる。民営化に反対する共産党候補に力を貸してください」と訴えました。

  堀内氏は、民営化することで、「公的な技術の継承や水道の公共性の維持ができるか問題になってくる」と述べ、国会でも皆さんの思いを取り上げたいと話しました。

  住民からは「小川さんのビラを見て、初めて水道の民営化を知ったという人が多い」「水源地の近くに住む者として、民営化は絶対に許さない。奈良市は責任を放棄している」「共産党の市議さんたちはよくやっている。頑張ってほしい」などの意見が出されました。

IMG_4543  堀内氏は「命の水を守るために、小川さんをこの地域から押し上げてください」と訴えました。

「しんぶん赤旗」7月7日付近畿のページより

写真は、沢田洋子大和高田市議のFBから