活動記録

2017年05月03日

憲法施行70周年

  尼崎での憲法集会に参加。少しスピーチも行いました。

  北朝鮮をめぐる情勢が緊迫していますが、4月26日の声明で経済制裁と外交努力に言及し、米朝階段にも前向きな発言をするなどトランプ大統領の姿勢に変化が見られます。

  中国や大統領選が行われている韓国の主要候補も軍事力行使に反対、ロシアも解決のためには6カ国協議だと言明。

  北朝鮮問題の解決のためには外交努力しかないことが、国際政治の現実の中でも浮き彫りになっています。

  このなかで、トランプ大統領の軍事的な選択肢も含む言明を歓迎し、戦争法の具体化である米艦防護を強行するなど軍事に前のめりになっている安倍総理の姿勢の異常さが際立っています。

  また、総理は改憲へ「機は熟した」と。しかし世論調査の傾向は、「改憲すべき」が減り、「改憲すべきでない」が増えています。どこをどう見たら機が熟しているのか。

  どこまでも、国内外の現実と、国民の声に向き合わない安倍内閣には、やはりはやく退陣していただかなければなりません。
IMG_4258