活動記録

2017年01月26日

元町高架下商店街(モトコー)の立ち退き問題で国交省に説明を求めました。

 元町高架下商店街(モトコー)のJR西日本による耐震化を理由とした立退き問題で、兵商連、神戸親和民商、兵庫民商の皆さんらとともに、国土交通省からの説明をうけた後、問題の実態と地元業者の方々の思いを訴えました。金田峰生衆院10区予定候補も同席しました。

 国交省からの聞き取りで、JR西日本が、国に対しては、工事の理由をもっぱら防火・防犯とし、耐震工事は、立ち退きの「ついでに」おこなうものと説明したいたことが判明。「耐震化」といえば、商店主らは反対できないだろうと見込んで、JR西日本側が、極めて不誠実な対応を重ねてきたことが改めて浮き彫りになりました。

 まずは契約の更新というのが多くの店主らの願いです。JR西日本はここに誠実にこたえるべきです。

モトコ―レク02