活動記録

2016年12月08日

歯科技工士問題を考える懇談会

「保険で良い歯科医療を」全国連絡会主催で、第3回歯科技工士問題を考える懇談会が開催されました。

%e6%ad%af%e7%a7%91%e6%8a%80%e5%b7%a5%e5%a3%ab%ef%bc%93-2 懇談会に先立ち、兵庫保険医協会、大阪歯科保険医協会の皆さんが来室され、歯科技工所アンケート調査結果の概要、歯科技工士、歯科医の方々の生の声をお聞きしました。

 質問でも取り上げましたが、歯科技工士は劣悪な労働条件のもと、なり手がいない、若者の離職など後継者問題が深刻です。いただいたアンケートには労働時間、売上などの実態が示されていました。

 1988年、厚生省は、歯科診療報酬のうち、技工士に入る製作技工料と歯科医の管理料を「7対3」とする告示を出しましたが守られておらず、指導もありません。告示を守るよう国が責任を果たし、診療報酬を引き上げることが重要です。

%e5%85%b5%e5%ba%ab%e4%bf%9d%e9%99%ba%e5%8c%bb%e5%8d%94%e4%bc%9a%ef%bc%92%e5%a4%a7%e9%98%aa%e6%ad%af%e7%a7%91%e4%bf%9d%e9%99%ba%e5%8c%bb%e5%8d%94%e4%bc%9a%ef%bc%92