活動記録

2016年11月07日

年金者組合の皆さんと年金カット法案レクチャー

dscn1851-2

 倉林明子参議院議員、高橋千鶴子衆議院議員とともに参加しました。

 参加者の皆さんから、法案の問題点について質問が出され、厚労省が回答しました。

 「高齢者の生活実態を見れば、これ以上の年金削減はありえない」「年金削減で高齢者が困窮すれば、そのしわ寄せは現役世代に回る」と意見が相次ぎ、最低保障年金の実現へ舵を切るべきとの強い思いが語られました。

 挨拶の機会をいただき、年金削減を許さず頑張る決意を述べました。